子猫

b0178769_2337588.jpg

この子と兄弟は、保護したときひどい眼やにだった。やっと眼やには治ったが、角膜についた月面のクレイターのような傷跡は一生治らない。完全室内飼いの里親さんにしかもらっていただかないので、大丈夫だけど。この子たちを保護したとき、同じ場所にあと2匹子猫がいたという。どうしても保護できなかったその子たちも眼やにで目がつぶれていたという。おそらくその子たちはもう生きてはいないだろう。眼の見えない子猫が野良でどうやって生きていけるだろう。

[PR]
by emu4649 | 2013-06-17 23:37
<< 保健所に持ち込まれた子猫達 本日玉島橋本呉服店にての譲渡会に参加 >>